一戸建てを売りたい場合の流れ

一戸建てを売りたいけれどどうすればいいかわからないあなたへ、今回は売却の流れを下記にまとめてみました。

不動産屋へ相談・査定依頼

まずは家がどのくらいの金額で売りに出せるのかを知る必要があります。査定は複数の不動産屋へ依頼し、見積もりを比べ検討しましょう。査定金額は不動産屋によって多少異なります。

 

また、自身でも周辺地域の土地や中古戸建ての相場をよく調べておき、把握しておくことも忘れないで下さい。

 

不動産屋と媒介契約を結ぶ

査定後は、金額の高かった不動産屋・販売力のありそうな不動産屋を選定し、媒介契約を結びましょう。媒介契約の種類は以下の3種類があります。

①一般媒介契約
一般媒介契約が他の2つと大きく違うところは、複数の不動産屋へ募集依頼ができる点です。また、自分で知人や親類に声をかけて買い手を探すこと(自己発見取引)も可能です。

②専任媒介契約
他の不動産屋に重ねて依頼することを許さない契約が、専任媒介契約です。一社のみにしか依頼は出来ませんが、一般媒介と同様に自己発見取引は可能です。

また、契約を結んだ不動産屋から、2週間に1回以上の業務処理状況の報告が受けられるようになります。

③専属専任媒介契約
複数の業者へ依頼することのみならず、自己発見取引も禁止されています。業務処理報告義務は1週間に1回以上となりますので、より細かに状況を把握することができます。

 

どの媒介契約が一番良いのか

見積もりは複数に依頼をして比較した方が良いですが、募集依頼はあくまでも一社に絞ること=専任媒介契約をおすすめします。

 

複数の業者へ依頼をした方が早く決まりそうと思うかもしれませんが、不動産屋目線で言うと、一生懸命に費用をかけて広告を出して募集をしたのに、他の不動産屋で成約してしまうリスクがあります。

 

その分、専属専任・または専任媒介契約=1社にのみ依頼をする方法は、不動産屋の販売意欲が違います。しかし、立地条件が良いなどの好条件な物件の場合は、一般媒介で募集をした方が早く高く売れる可能性もあります。ご希望や物件の状況に合わせて決めましょう。

 

募集活動

媒介契約を結んだら早速募集開始です。不動産屋はネット登録、図面作成、チラシなどの広告作成などをして買い手を探します。検討中の方が内覧に来られることもありますので、部屋は常に綺麗にしておいた方が良いでしよう。

 

売買契約

買い手が見つかりましたら、次は売買契約を行います。契約時には基本的に、売主・買主・仲介業者である不動産屋が立会います。よほどの事情がない限りは、契約時にはきちんと立会い、買主がどんな方か、互いに理解を深めた方が良いでしょう。

契約をして代金を受け取り、家を引き渡して終わり。という簡単なことではありません。買主にとっては長く住むことになる大事な家です。万一、住んですぐに物件の不具合が見つかった。

 

というようなことが起こってしまった場合などでも、関係が良好で信頼しあえる仲になっていたら、やたらと悪い方向には進まないでしょう。(もちろん、設備の不具合などは契約前にきちんと調べてもらい、不備は漏れる事なく伝えましょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です