家が売れない時に行う対策

総務省統計局という国の基本的な統計調査を行う機関があり、5年ごとに住宅・土地統計調査を行っています。最新の調査結果は、平成25(2013)年で、空き家数と空き家率が公表されています。

 

全国で空き家戸数820万戸、空き家率13.5%とのことです。全国至る所に空き家が存在しています。家余りの時代にどうすれば、家が売れるのでしょうか?

 

  • 家を売るということ

長年の夢であった家を売るという決心に至るのは、どのような場合でしょか?住み替えを目的とした売却、急遽売却が必要となる事情がある場合など種々の状況がありますが、本件では、住み替えを前提とした家の売却を想定して売れない時の対策を考えます。

 

  • 家が売れない理由はなにか?

一口に売れないといっても、どの段階で、どんな状況にあるかで対応策は異なります。問い合わせすらない、問い合わせや見学の申し込みはあるが、そこから進まない、といった場合分けです。

 

 

市場の反応を詳細に分析することにより効果的な対策へと繋がります。

 

  • 論外な原因もある

問い合わせすら無い場合は、売却の仲介を依頼した不動産会社の動きをチェックしてください。依頼した不動産会社への問い合わせ状況、広告の内容、指定情報流通機構への登録状況を聞いてみて下さい。ここで問題があれば論外で、他の不動産会社に再度依頼しましょう。

 

 

  • 不動産会社は、活動しているが反応が無いのは?

不動産会社の活動をチェックした結果、特に問題が無いのであれば、広告の内容をチェックしましょう。魅力の感じない宣伝文句かどうかを確認しましょう。ここで特に問題が無いようであれば一大事です。

 

 

  • 物件の特徴を見直しです

不動産会社の活動に原因が無いのであれば、所有物件に関する事項が原因となります。立地や立地に係わる項目、価格などです。立地と価格はダイレクトに関連する事項です。

 

 

内覧会に至らず、の状況であれば立地や価格が顧客層の想定とギャップがあることになります。不動産会社の担当者と希望売却価格の見直しをしましょう。

 

  • 内覧会までは、進展するのだが・・・

買主候補が内覧に来て頂けるという状況は、立地や価格は、手の届く範囲ということになります。この状態で売れないのであれば、建物や近隣の状態に課題がある可能性があります。

 

 

近隣に避けたい施設があるかを確認しましょう。坂道や街路灯の設置状況も見ましょう。これらに問題がないのであれば、自宅内の整理・整頓・清掃をチェックしましょう。水回りの金具はピカピカでしょうか?生活臭はありますか?自分が買う気持ちで家の中を点検して下さい。

 

 

  • まとめに変えて

顧客層は、金太郎あめではありません。最近は、スケルトンで購入して、自分好みのリフォーム(又はリノベーション)を考えている方も多くいます。売却時にリフォームして売り出すか、リフォームしないかは大きな選択です。

 

 

ただ、物件の外観が平凡(デザイナーのデザインでない)であれば、多少のリフォームは必要と思われます。

 

  • 価格の決定要素

価格は、立地、需要、魅力、景気等の影響を受けます。種々の事情でこの時期に売却したいということであると立地と建物の魅力が価格の決定要素となります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です